Macでクラムシェルモードを行う際の熱問題・おすすめのスタンド

Macでクラムシェルモードを行う

みなさんクラムシェルモードってご存知ですか?
macをhdmiケーブルでモニターに繋ぎ、mac自体は閉じて使用するモードです。

これはappleが公式で提供している機能で、デスクがすっきりして見栄えがとても良くなります。

このクラムシェルモードを行うにあたっての熱問題やおすすめのスタンドをご紹介します。

熱問題について

まず気になるのが熱問題だと思いますが、
これは賛否あると思いますが、普通に使う分には問題ないと思います。

まず公式の機能だし、動画編集とか高負荷な作業を行わなければ恐らく問題ないです。(自己責任ですが)
※ あと、よっぽど熱排出が優れないスタンドを使っていない限り。

もし熱問題が気になる方は、
下記のコマンドで確認してみるといいと思います。

sudo powermetrics --samplers smc -n 1


CPU Thermal level: 0
IO Thermal level: 0
Fan: 1215 rpm ←ファンの回転速度
CPU die temperature: 75.31 C ←CPUの温度
CPU Plimit: 0.00
GPU Plimit (Int): 0.00
Number of prochots: 0

また、

sudo powermetrics --samplers smc |grep -i "CPU die temperature"

このコマンドでCPU温度をリアルタイム出力できます。

これらを使ってデスクトップアプリ作るのもいいですね。(すでにあるRunCatのような)

クラムシェルモードでおすすめのスタンド

次に、一番大事なスタンドです。
このスタンドが熱をうまく排出できないと、熱がこもってしまいます。

私がスタンドを買う時にamazonで色々調べいたのですが、
やはり口コミで熱問題について会話されており、熱がこもりやすいスタンドも多くありました。
例えばこういうの

重量感があっていいのですが、
根本部分が塞がっているので、確かに熱がこれだとこもりそうです。

そして、
色々調べて、私がたどり着いた究極のスタンドは。こちら

そうです。まな板スタンドですw

まな板スタンド・・・って思うと思いますが。
その先入観を持たなければ、普通にスタンドの形状をしており、見た目も悪くないです。(しかもかなり安い)

そして何より通気性最強w

私は今こちらを使って、macでクラムシェルモードをしております。
もう数年使っていますが、特に問題なく、見た目的にも満足してます。

ぜひご参考にしてみてください。

こちらの記事もどうぞ

プログラマが選ぶMAC用キーボードのオススメ3選‎

“Macでクラムシェルモードを行う際の熱問題・おすすめのスタンド” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください