AWSで障害が発生しているか確認する方法・手段

AWSで障害が発生しているか確認する手段

システム運用していく上で、障害が発生しないようにすると思いますが、
外部のAWSが障害でダウンした際って大変ですよね。

そんなAWSの障害を確認する方法を紹介したいと思います。

その1 – Service Health Dashboardで状態確認

こちら公式ですね。AWSで障害が発生していそうな時はまずここをチェックすると良いでしょう。
https://status.aws.amazon.com/
また、
ここではjson形式で配布しているものもあるので、個人的に障害検知したいとかあれば
このjsonを使うと良いと思います。
https://status.aws.amazon.com/data.json
ただこの手段は正確ではあるものの、即時性が少し欠けます。

その2 – twitterまとめをチェック

このサイトがtwitter上でのAWS障害発言を収集してくれてます。
https://downdetector.jp/shougai/aws-amazon-web-services/
おそらくこれが一番早いですね。
ただ正確性に欠けるので、起きてるかもくらいの参考がいいと思います。

おまけ
https://twitter.com/awsstatusjp_all?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

最後に

ざっくりで主な確認方法は以上です。
他にもあると思いますが、まぁこの2つで良いと個人的に思ってます。

時間ある時に障害検知のアプリでも作ろうかなとか考えてます。

LineBot開発 その1(LINE側設定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください