• MRはレビュー者に概要が伝わるように書くべきであり、複数者で実装する場合は記載テンプレート統一させたい。(みんながバラバラの記載方法で概要を書くとレビュー者としてはわかりにくい)
  • MR出すときに毎回一から書かなくていいようにテンプレートを設定する

方法

1. MRのテンプレートを考える(いつもPJで記載しているものを定義)

# 概要
- ブランチ概要

# チケット
https://lemmings.backlog.jp/view/XXXX-XX

# 対応詳細
- 対応内容(大分類)
  - 対応内容(中分類)
    - 対応内容(小分類)

# 特記事項
- 

2. git管理しているプロジェクトファイルに指定のファイルを作成してコミットする。
Git hub: プロジェクト直下/.gitlab/merge_request_templates/MR_TEMPLATE.md
Git lab: プロジェクト直下/.github/PULL_REQUEST_TEMPLATE/MR_TEMPLATE.md

※ MR_TEMPLATEというファイル名はなんでもいいが、ここでのファイル名がテンプレート名として表示される。

3. Git hub, Git labにてデフォルトブランチとなっているブランチにマージする。

4. MR時に画面からテンプレートを選べるようになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください