コロナの影響で現在zoomなどのWeb会議サービスが流行しております。

そんな中、ディープフェイク(AIを用いた高度な合成技術)を使って会議に出席できるものが登場しました。

それがavatarifyというものです。

これを用いると、自分の顔が有名人などの他人の顔(写真があれば誰でも)に合成されて、

喋る動作なども反映されるとても面白いもの。

今回はこのavatarifyの使い方について説明します。(下記はMac限定手順)

  1. minicondaをインストール
    brew cask install miniconda
  2. avatarifyをダウンロードしてインストール
    git clone https://github.com/alievk/avatarify.git
    cd avatarify
    bash scripts/install_mac.sh
  3. CamTwistをインストール
    こちらは仮装カメラデバイスというもので、カメラに映った映像をこちらで処理します。
  4. vox-adv-cpk.pth.tarをダウンロードしてavatarify直下に配置(解凍はしない)
  5. avatarifyを実行
    bash run_mac.sh
  6. zoomのカメラデバイスをCamTwistにする。

RuntimeError: Cannot open camera. Try to choose other CAMID in './scripts/settings.sh
上記のエラーが出た場合は、./scripts/settings.shのCAMIDを0から1,2,3,4と変えていく。(私の場合は1でした)

また、
Zoomのバージョンが4.6.8以上であれば下記を実行し、ライブラリ署名を削除することで、CamTwist(仮想カメラ)を利用できる。
codesign --remove-signature /Applications/zoom.us.app

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください