Gitでよく使うコマンドをまとめる。

Gitを日々使っていく中で、よく使うコマンドを下記一覧に記載する。

・Git管理されていないファイルをGit管理する

$ git init

・リモートのリポジトリをローカルに取得

$ git clone リポジトリURL

・ブランチを確認

$ git branch

※ -aオプションを使用するとリモートのブランチも確認可能

・ブランチの切り替え

$ git checkout ブランチ名

・ブランチを切る(新しく作成する)

$ git checkout -b ブランチ名

・切ったブランチをリモートにあげる

$ git push -u origin ブランチ名

※ -uオプションを使用すると、次回からgit pushだけで勝手にorigin masterでpush してくれる。

・変更をステージングにあげる

$ git add ファイルパス

・変更をコミットする

$ git add commit -m 'コミットコメント'

・ローカルの変更をリモートに反映させる

$ git push

・コミットログを確認

$ git log

・ブランチのマージ(結合)

$ git merge --no-ff 現在のブランチにマージしたいブランチ名

・ローカルブランチ削除(コミットしていない変更があると失敗)

$ git branch -d ブランチ名

・ローカルブランチ強制削除(コミットしていない変更も戻り消す)

$ git branch -D ブランチ名

・リモートブランチ削除

$ git push origin :ブランチ名

ステージングにあがっている変更を取り消す(git addの取り消し)

$ git reset HEAD ファイル名

・コミットを取り消す(git commitの取り消し)

$ git reset --soft 戻したい位置のコミットのリビジョン(コミットID)

※ -softオプションを使用すると、取り消した変更はステージングに残る。
※ -hardオプションを使用すると、取り消した変更は無くなる。

・コミットを打ち消すコミットをする

$ git revert 打ち消したいコミットのリビジョン(コミットID)

・変更を退避

$ git stash save

・退避している変更一覧(スタッシュ名が表示)

$ git stash list

・退避している変更の詳細

$ git stash show スタッシュ名

・変更を復活

$ git stash apply スタッシュ名

・Gitのリモートを設定する

$ git remote add origin <URL>

・Gitのリモートを変更する

$ git remote set-url origin <URL>

・リモートブランチの状態を表示(staleとついてるものはゴミブランチ)

$ git remote show origin

・削除されたのに残っているゴミブランチを削除

$ git remote prune origin

・現在のコミット位置にタグをつける

$ git tag タグ名

・タグをリモートに反映させる

$ git push origin タグ名

・過去のコミット位置にタグをつける

$ git tag タグ名 リビジョン(コミットID)

・ローカルのタグを削除する

$ git tag -d タグ名

・リモートのタグを削除する

$ git push origin :refs/tags/タグ名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください