Swiftにおけるライブラリ管理ツールであるCocoaPodsの導入手順と利用方法について説明する。

1. CocoaPodsをgemでインストールする。(人によってはこれで失敗することがあるようです。その場合はインストールディレクトリを-nオプションで指定してあげると良いみたいです。)

 

2. CocoaPodsをセットアップする。(結構時間かかる)

 

ここまでで準備完了。

 

 

実際にCocoaPodsを使ってライブラリ管理する方法を下記に記載する。

 

1. iosプロジェクトファイルのルートに移動し、次のコマンドを実行する。

これでPodfileが作成される。

※ Podfileとは、ライブラリを管理するファイルであり、ここにプロジェクトで使用したいライブラリを記載する。

 

2. Podfileにプロジェクトにインストールしたいライブラリの情報を記載する。

Podfileの中身は

こんな感じになっているだろう。(testAppはアプリ名)

そしてこの、

target ‘testApp’ do ~ endの中(# Pods for testAppの下とか)に
インストールしたいライブラリの情報を記載していく。

 

例えば、

Alamofire(httpリクエスト等を簡単に行えるライブラリ)をプロジェクトにインストールしたい場合には

このように編集すれば良い。

ライブラリのバージョンを指定したい場合には

上記のような記載の仕方をすれば、毎回指定したバージョンでインストールされる。

 

3. ライブラリをプロジェクトにインストールする。

(プロジェクトファイルを開いたxcodeは閉じておく)

 

4. プロジェクトファイルを開く

CocoaPodsでライブラリ管理されたプロジェクトを開く際は、
通常のxcodeprojファイルではなく、
pod installを行うことで生成されたxcworkspaceファイルをxcodeで開くようにする。

 

この時点でプロジェクトファイルにライブラリがインストールされており、

プログラム中でライブラリの処理等が使用可能となる。

(xcodeでxcworkspaceファイルを開くと、プロジェクトのディレクトリとは別にPodsというディレクトリが読み込まれていれば成功である。ここインストールしたライブラリが格納されていく。)

 

 

 

 

5. 初回以降のライブラリ追加

初回と同様にPodfileを編集したあと、pod installを行う。

また、

初回以降はpod updateを行うと書いているサイトを見かけるが、間違いである。

 

pod install : Podfile.lockを見てライブラリのインストールを行う。

pod update : Podfile.lockを見ずに最新のバージョンのライブラリをインストールする。

共通 : Podfile.lockに記載されていない(インストールされていない)ライブラリがPodfileに記載されていた場合、そのライブラリを新しくインストールする。

 

※ Podfile.lockとはプロジェクトファイルにインストールされたライブラリのバージョン(ライブラリの中で使われているもののバージョンも含む)を記載している。
このファイルに記載されていることによって、他の人がプロジェクトファイルを落としてきた際に、細かなバージョンの差異が生まれずに済む。

 

 

よって、ライブラリのバージョンを最新にしたいと言った要件がない場合は、

基本的にpod installを使うべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください