Pythonを扱う際のバージョン管理方法について説明していく

Pythonを扱うに当たって、プロジェクトそれぞれで別のバージョンを用いることがあるだろう。

そんな時に便利なのがコマンドラインのバージョン管理ツールであるpyenvである。

 

pyenvを用いることで何ができるかというと環境(ディレクトリ)ごとにpythonのバージョンを切り替えることができるのだ。
正確にいうとディレクトリを移動するだけで切り替わる。

 

実際にどういう使い方をするのかは下記に記載しておく。

 

pyenvのインストール

 

pyenvにてインストールが可能なpythonのバージョンを確認

 

pyenvにpythonを特定のバージョンをインストール

 

pyenvにインストール済みのpythonバージョンを確認

 

現在適用されているpythonのバージョンを確認

 

グローバル(全体)で使用するpythonのバージョンを設定

 

指定ディレクトリ配下でのみ使用するpythonのバージョンを指定

 

 

また、pyenv-virtualenvを使用することで、python内でインストールするパッケージをその環境の中で隔離(同じPythonのバージョンで違う環境を作れる)することができる。
※ 通常、pip install などで導入したパッケージ(pipコマンドはパッケージ導入コマンド)は Python のバージョンごとに管理されるが、virtualenv を使うことで、 バージョンの中でも新たに仮想的な環境を作成することができ、同じ Python のバージョンでも別々のパッケージを使用することができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください