>LineBot開発 その4(プログラミング)

LineBotを実際に稼働させる方法を説明して行く。

前記事(プログラミング)まで作業を終えたら、次はいよいよLineBotの稼働ある。

稼働のさせ方は単純である。

1 . 今回作ったプロジェクトを実行する環境を用意する。
・サーバーを構築もしくはレンタルサーバーを借りる。
・herokuなどのPaasを利用する。
上記のどちらかを行うが、今回はherokuを利用して稼働させる。
※herokuの使い方については herokuの利用方法 を参照

2 . LineDevelopersにアクセスして、herokuで取得したWebhookURLを設定する。

上記で手順は完了。
あとはLineで作成したbotに対して発言すれば勝手に拾ってくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください